【11/16他・ZOOM&録画】講師:伊泉龍一「タロット講座」

開催日時:
11月16日(火)、 11月23日(火)、 11月30日(火)/各回:20時~21時

開催場所:ZOOMリアル配信(質問できます!)・録画動画受講(復習できます!)

受講料:各講座・3500円(3回まとめてお申し込みの方は10000円

資料:講座のZoomIDと一緒に資料をPDFで送らせて頂きます。

録画受講として後日URLを送らせて頂きますので、そちらで期間限定で視聴して頂けます。
(録画動画の視聴期限は配信後2週間です)

伊泉龍一先生の新講座のご案内です。

以前、小アルカナ講座を開催しましたがその時は小アルカナの意味を中心にお話して頂きました。
今回はパメラ・コールマン・スミスから知る小アルカナ講座になります。

小アルカナをこれから学ばれる方もさらに小アルカナを深めたい方にも受講して頂きたいです。
1年ぶりにベネディーレで開催させて頂く伊泉龍一先生のタロット講座に是非、ご参加下さい!

小アルカナの「誕生」
作者アーサー・ウエイトとパメラ・スミスから知る
「ウエイト版タロット」に秘められた意味

【伊泉先生からのメッセージ】

これから小アルカナを学ぼうと思っている方
あるいはもっと小アルカナを深く理解したいという方にお勧めです。

現代のタロットの小アルカナの絵の起源は
今日「ウエイト版(ライダー版)」とも呼ばれている
20世紀初頭にイギリスで作られたタロットに遡ります。

それ以前の小アルカナは、抽象的なスートの記号が描かれているだけで
そこに今日の一般的になっているような具体的な
人物や光景は描かれていませんでした。

それにしても、20世紀初頭になぜ小アルカナはと突如、
具体的な絵に変わったのでしょうか?

今回の講座ではその絵に隠された意味の期限を探りながら
現代の小アルカナの「誕生」の瞬間に迫っていきます。

■魔術結社ゴールデン・ドーンの占星術と小アルカナ
■画家パメラ・コールマン・スミスは小アルカナに何を描こうとしたのか?